トップ

「示談交渉付き自動車保険」に入っているので、ひと安心と思ったら大間違い

見舞いにも行ったし、これで安心、あとは保険屋がやるだろう

事故を起こして加害者になり、賠償責任を負う羽目になった。示談交渉付きの自動車保険に入っていたので、保険会社にすべてを任せる。「これで一安心だ。保険屋がよろしくやってくれるだろう。見舞いにも行ったし、あの時は文句も言われずに、かえってとんだ災難だった、と慰められた。悪い人じゃなさそうだ。…万事うまく行く」
しかし幾日か経って、突然代理人と名乗る者から電話が掛かってくる。受話器を取った加害者に開口一番、
「加害者なのに、誠意がなさ過ぎるじゃないか」と言う怒声である。
「はあ?」加害者は、事情がすぐには呑み込めない。そんな加害者にいらいらするように、
「あんたには、被害者の苦痛がわからんのか」代理人の声は、ますます高くなる。
「…自動車保険の会社がちゃんとやってくれているはずですけど」
「保険屋は保険屋だ。加害者のあんたは、知らん顔か? それに、保険屋も誠意がない」
加害者と被害者という、賠償する者とそれを求める者との間では、これに類したやり取りがよく起こっている。この両者間でのこの種のトラブルは、宿命とも言えるものだし、たとえ、いろいろと考えて選択した自動車保険を契約していても、このトラブルの火種を無くすことは出来ない。どのように優れた保険にも、限界がある。しかも、被害者はその限界を越えた賠償を要求したい、という欲求がある。その間のミゾを加害者が埋められない限り火種は絶えない。
自動車保険の選択に際しては、自分にあった利点の多い保険を選択するのは勿論であるが、この種の争いに対する理解と認識がないと、保険に対する期待外れと幻滅感で、折角の保険の値打ちは半減する。(この保険に入っていてよかった)と真実思えるには至らない。(保険にすべてを任した)と思って安心してはいられないのである。
被害者というのは、事故を契機として支出することになった費用と、金銭では計れない心の苦痛も自分の尺度で金銭に換算して、そのすべての賠償を要求する。加害者は、出来るだけそれを抑えようとするが、実際はこの時のために日頃から契約していた保険に一切を任せることになる。
しかし、任せた、といっても、加害者としての責任は消えることはないのだし、ただ保険会社が金銭的な弁済を代行しているにすぎない。それに、加害者の道義的責任までは、保険会社に移すことは出来ない。どの保険会社のどのような自動車保険に契約していても、基本的には皆同じである。契約時に、いくら調子のよい宣伝文句で勧誘されていても、この原則は変わらない。保険は、金銭の弁済しかしない。しかも、それは制限的であり事務的であり、一つのビジネスとしてなされる。

いざという時に頼れる自動車保険

実際に事故を起こしてしまったりした際に、加害者との交渉から解決までを安心して任せられる保険に加入するには、最初の見積もりを取る段階での保険会社選びが最重要課題の一つです。
とは言っても、どこの保険会社のパンフレットも魅力的な宣伝文句が並べてありすますので、実際のところが見えないのが事実です。
そこでお勧めできるのは顧客満足度の高い保険会社を限定した自動車保険見積もりを利用することです。実際に事故を経験してしまった加入者からの、事故から解決までの保険会社の対応について調査をして、一定基準の顧客満足度をクリアした保険会社のみを対象にしている一括見積もりのサービスですので、保険会社選びのご参考にしていただけると思います。
また、自動車保険選びだけではなく、愛車の売却に関しても重要なのは「できるだけ多く比較する」という事です。買取のプロがオススメする車査定の人気サイトをご利用ください。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ